コーヒーの器具

hagoogi 電気ケトルを使ってみた感想【コーヒーのドリップに最適】

2021年5月22日

電気ケトルの購入を検討している人「コーヒーを淹れる時に使う電気ケトルを探していて、hagoogiの電気ケトルが気になるんだけど、購入してから失敗したくないから、事前に使用感や性能が知りたいな。」

こんな疑問にお答えします。

本記事の内容

  • hagoogi 電気ケトルを使ってみた感想【コーヒーのドリップに最適】

現在の私は、自宅でコーヒーを焙煎しつつ、
ハンドドリップでコーヒーを淹れています。

また、オンラインバリスタトレーニングプロバイダーである「バリスタハッスルジャパン」で教育を受けました。

そんな私が、この記事を解説していきますね。

hagoogi 電気ケトルを使ってみた感想【コーヒーのドリップに最適】

結論として、この電気ケトルはコーヒーのドリップに最適だと思いました。
自信を持って、選んで良かったと言えるケトルです。
コスパ良すぎです。

デメリットはある?

しいて挙げるとすれば、日本製ではないという事でしょうか。

生産国は中国ですが、近年のものは品質も上がっており、私は気にしていないので、
購入の際に留意しませんでした。

絶対に日本製が良いという方以外には、おすすめできます

おすすめできる理由は以下の5点です。

  • 理由①:注ぎ口が細口で湯量のコントロールが簡単
  • 理由②:ケトルの重量が軽くて扱いやすい
  • 理由③:温度コントロールが1℃単位ででき、保温機能付き
  • 理由④:最大容量800mlで、複数人分のコーヒーを淹れられる
  • 理由⑤:お湯が沸騰するまでの時間が短い

①から順番に説明していきますね。

理由① 注ぎ口が細口で湯量のコントロールが簡単

注ぎ口が1.5mm×0.8mmと細いので、湯量コントロールがしやすいですね。
初心者の方でも、湯量を一定量に保つのが簡単です。

また、形状もスワンネック(湾曲した形)になっている点もコーヒーのハンドドリップに
向いている理由の1つです。

理由② ケトルの重量が軽くて扱いやすい

とにかく軽いです。ケトル本体の重量は570gほどです。
他のケトルと比べてみてもトップレベルに軽いです。

以前は、アイリスオーヤマのケトル(約750g)を使っていたのですが、段違いに軽いです。

軽さのおかげで、お湯が注ぎやすく、ストレスがありません。
女性にもおすすめですね。

理由③ 温度コントロールが1℃単位ででき、保温機能付き

コーヒーを淹れるならば、この機能は外せませんね。
1℃単位で温度コントロールができるケトルはそれほど多くありません。

しかも、付いていたとしても、値段がそこそこします。

この電気ケトルはその中でも格安で、驚きました。

理由④ 最大容量800mlで、複数人分のコーヒーを淹れられる

容量も文句ありません。
よほどの大家族でない限り、一度のドリップでコーヒーを人数分まかなえる容量です。

また、ケトル本体が軽いため、最大量お湯を入れても、重さが気にならない所も嬉しいですね。

理由⑤ お湯が沸騰するまでの時間が短い

最大量の800mlを90度までに沸騰させるまでに3分45秒と即効で沸かせてくれます。
※外気温20℃、水温23℃で検証した時間

美味しいコーヒーを飲むまでの時間を短縮してくれますね。
コーヒーのドリップにはもちろん、多様的に使えます。

以上がおすすめする理由です。

私自身、2021年5月にこの電気ケトルに買い替えましたが、不満は全くありません。
性能良し、価格良しです。

まだ、電気ケトルを持っていない方、買い替えを検討している方は、
候補に入れてみてはいかがでしょう。

HAGOOGI 電気ケトル コーヒー 電気ポット 0.8L 1200W 温度設定(1℃単位)/保温機能/空焚き防止 細口 ドリップ ケトル

-コーヒーの器具
-

© 2024 Golden Time Lover Powered by AFFINGER5